カラオケアプリ「サムシング(SOMESING)」、Ground XのKlaytnエコシステムに合流

ブロックチェーンベースのソーシャルカラオケアプリ「サムシング(SOMESING)」はカカオのブロックチェーン技術系列社であるGround Xが開発したグローバルパブリックプラットフォームKlaytnにメインネットを転換すると語った。実生活に使われるブロックチェーンサービスだと評価を受けているサムシングはKlaytnに合流することによって利用者達が手軽く経験しながら、使うことができるサービスを提供できると期待される。

サムシングのKim Heuibae代表は‘カカオの系列社から運営するKlaytnへのメインネット転換はサムシング利用者の便宜性、接近性を高めるし、Klaytnから望んでいる実生活型ブロックチェーンエコシステムの拡張にサムシングが寄与できる。’と言いながら、‘詳しいトークンSWAP日程は別途にお知らせする計画だ’と言われた。

一方、サムシング側から‘ブロックチェーン産業内にデータをベースにして運営されているサービスやブロックチェーンゲームサービスとは違ってエンターテイメント市場にて事業を拡張して行くサムシングは新型コロナの長期化によって急に浮かび上がった「Untact」現象を超えてオンラインから様々な方式で接続すると言う意味の「Ontact」トレンドは新型コロナ時代に最大のキーワードになると思う。’と言いながら、‘最近、非対面雰囲気の拡散によってサムシングアプリダウンロードの回数が27万を超えたが、これは3月より45%ぐらい増加した数値’だと説明した。また、‘これからも「Ontact」ベースのコンテンツプラットフォームとしてのサムシングが今後エンターテイメントと放送局、そしてオーディションプログラムと連携してサービスを拡張して行く姿をKlaytnと共に作ろうと思う。’と言われた。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store