Klipに「サムシング(SOMESING)」が搭載、サムシングアプリケーションからKlay利用可能

ブロックチェーンベースのソーシャルカラオケアプリ、「サムシング(SOMESING)」がGround X社から開発したデジタル資産ウォレットサービスであるKlipに搭載され、サムシングアプリ内からはKlayを使って歌を投稿したり、サポートすることができるようになった。

[SOMESING’s token, SSX, has been onboard in Klip]

Klipはカカオトークの「もっと見る」タップを通じて接近できるデジタル資産ウォレットサービスにて利用者達がブロックチェーンに関する背景知識が無くてもデジタル資産をカカオトークと言う親密なプラットフォーム上にて経験できるように活用性と便宜性が高めることに重点を置いて開発した。

サムシングの開発社であるEmel Ventures社のKim Heuibae代表は‘今年7月初、Klaytnメインネットベースのサービスへの転換を成功的に完了した以来、今まで安定的にサービス運営中、今回Klipの新規サービスとして合流できて凄く嬉しいと思う。’と伝えながら、‘サムシングはモバイルとデジタル環境に慣れているMZ世代をはじめ、多様な年齢層のユーザを確保している。今後、より面白いサービスを提供できるように色んな機能を追加して事業的な力も強化して行くようにする。サムシングサービスを通じてブロックチェーンとデジタル資産としての接近性を高めながら、その価値を大衆に知らせる努力も続けて行く計画だ。’と抱負を明かした。

サムシングはKlipとの協力してブロックチェーンの大衆化をリードする予定だ。

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store